2008年9月 7日 (日)

しまった、順番が・・・

一日ニ食、讃岐うどんの前日のことです。

いつもの蕎麦屋さんです。そう、伊賀の“松尾”です。メニューもいつもと変わらず“おろしたぬき大”です。

このお店、最近、鈴鹿市に出来ている脱サラ蕎麦やさんに比べて、美味いです。

本当の所はよく分かりません。好みに合っているだけかもしれませんがね。

Matsuo080830_1Matsuo080830_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフニ題

セルフです。

ガソリンスタンドではありません。セルフの讃岐うどんです。

とある日曜日、新しく出来た複合商業施設にセルフの讃岐うどん店が出来たというので、出かけてみました。“権兵”というお店です。前日までは雨も降っていたのに、その日は朝から暑かったので、珍しく冷たい“おろしぶっかけうどん”を注文してみました。

天ぷらはタコ天とかき揚げです。このお店、私的には、ちくわ天もコロッケもないということだけで、評価が下がります。

さて、お味はというと、まあ、麺はこんなものなのでしょうが、汁が若干甘目で、もう少し辛味があった方がいいかなという感じです。しかも、若干麺が絡んで食べにくい。さらに箸が丸箸なので、さらに食べにくい。うどんといえばやはり割り箸にして欲しいなあなどと思いながら、あっという間に間食しました。

これで安けりゃ文句も出ないのですが、若干、高かったような気がしたので、なおさら不満が残りました。

いえね、別に嫌いというわけじゃないんですよね。讃岐うどんが好きだからこそ、もう少々望んでしまうのです。

さて、そんな日の夜、時計が既に9時になろうとする頃です。夕食を済ませてなかったのですが、そんなに空腹でもなかったので、うどんでもということになったところに目に付いたのが“琴平製麺所”の看板。この日二度目の讃岐うどんというのもいかがなものかという気がしないでもなかったのですが、まあ嫌いじゃないのでということで、“琴平製麺所”に突入とあいなりました。

今回は“かけうどん”に“ちくわ天”と“コロッケ”。もうこれだけで満足。それほど大したものではないと思うのですが、それだけで満足。“ぶっかけ”ではなく“かけ”にしたのも正解だったような気がします。やはり、うどんは“かけ”だなと思った次第です。

Gonbei080831_1Gonbei080831_2Gonbei080831_3Kotohiraseimensho080831_2Kotohiraseimensho080831_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

タコライス

タコライスです。

最近では、某牛丼チェーンのメニューにもあるタコライスですが、どうも、一般的にはタコライスというと、八本足の蛸が入っている蛸飯のようなものを思い浮かべるようです。

タコスというものに馴染みがないから仕方がないのでしょうか。

さて、名古屋は大須の商店街を歩いていると、メキシカンフードのお店があり、メニューにはタコライスもラインナップされてました。

実は、大須の商店街は、ここ数年、いろんな国の食べ物や雑貨など、若い人をターゲットにしているお店が増えているのです。かつては、アメ横ビル以外はジジババ相手の店しかないような感じだったのですが。

閑話休題。そのお店では、やはりタコライスを注文しました。

出されたのが写真のもの。

ううーん、上品。食べてみて不味くはないのですが、いかにも上品。金武のタコライス発祥のお店パーラー千里で食べたものとはえらい違いです。

パーラー千里のタコライスが食べたい!

Tacorice080809_1Tacorice080809_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月10日 (日)

懐かしい・・・

懐かしいと思える食べ物の一つがオムライスです。

何故、懐かしいか?何時食べたのか?そんなことは、極めてあいまいなのですが、何故か懐かしいのがオムライス。

ただ、オムライスといっても、最近では随分バラエティーも豊富だし、私が懐かしいと思うものとは限りません。私が懐かしいのは、ケチャップ味のチキンライスが、薄焼き卵にくるまれていて、ケチャップがかけられているもの。

ときどき、そんなオムライスが食べたくなります。

昨日のことです。鈴鹿サーキット近くの“T-Point”というお店 に、昼食にオムライスを食べに行きました。このお店では、ピリ辛ソーセージのオムライスをケチャップソースで食べることが多いのですが、昨日も例外ではありません。

本当をいうと、中がチキンライスのお子ちゃま仕様のオムライスにしたいという気もあったのですが、そこはお味を優先なのです。

ただ、よろしくないのは、このお店はオムライスの味と同時に、サイズも選べること。ついついLサイズを選んでしまうのです。条件反射ですね。

ピリ辛ソーセージオムライス・ケチャップソース・Lサイズはご覧のとおり、なかなかのボリュームです。好みとしては、もう少しご飯をくるんでいる卵が堅くてもいいかなと思います。

さて、タバスコを少々。一口。ピリ辛ソーセージなどといいつつ、それほど辛くないので、タバスコの辛さが心地よく刺激します。でも、量はなかなかなもの。普通の量なら直ぐに食べきるのですが、なかなか減りません。でも、店内に置かれている漫画本を読みながら食べているので、なかなか減らないのが逆に都合がよかったりします。

漫画本をおよそ一冊読み終わる頃に、オムライスも食べ終えた、この日のお昼ご飯でした。

Tpoint080808_1Tpoint080808_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

流行なのか?

讃岐うどんです。

流行なのでしょうか?丸亀製麺という、セルフのお店に入ってみました。

これはこれで悪くはないです。天ぷらの種類が少なかったことを除けば。まあ、いいんじゃないでしょうか。

でも、丸亀製麺とはいうものの、本社は神戸だし、丸亀にお店はない。というか、香川県にもない。それどころか、四国には愛媛県にしかない。

まあ、どうでもいいんですけどね。

Marugame080802_1Marugame080802_2Marugame080802_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

出汁の味

出汁の味なんです。以前より、カツオの風味が強くなったような。

実際のところはよくわかりません。でも、讃岐うどんって、そんなにカツオ風味って感じではないですよね。

このお店も、以前はそんな感じだったんですよね。それが、以前よりカツオ風味が強くなったような気が。

まあ、不味いわけじゃないので、いいんですけどね。

新堂の“こてつ”でした。

Kotetsu080727_1Kotetsu080727_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

お好み焼き?

広島焼きとも称されることがある広島のお好み焼き。

名称はともかく、広島まで行ったのなら昼食には悪くないということで、市内中心部のお好み村前の“へんくつや”という店に突入しました。お好み村に入らず、その前の店に入り、その店の名前が“へんくつや”というのが、なかなか面白い気がします。

さて、昨今のお好み焼きはいろんなものが入っているものがあるけど、やはり豚、卵、イカあたりのベーシックなところで、そば入りを注文しました。

もちろん、この日は尾道から電車で広島入りしてたので、生ビール付き。梅雨明けの暑さの中、キンキンに冷えた生ビールが最高です。

さて、お好み焼きですが、具と皮とは基本的にはバラバラです。それが若干卵でとじられているって感じでしょうか。それぞれ食べても美味そうなのですが、やはりというか何というか、広島のお好み焼きの特徴として、甘いソースがあるのかなと。おたふくソースですね。個人的なこのみとしては、もう少し、甘さ控えめでもいいかなと思うのでした。

それにしても、私のお好み焼きの原風景は、近所のスーパーでたこ焼きや焼きそば、ソフトクリームなんかと一緒に売られていたお好み焼き。いわば子供のおやつとしてのお好み焼きです。それと比べてみると、今、食べるお好み焼きは、子供のおやつの域を超えてますね。

Hiroshimayaki080719_1Hiroshimayaki080719_2Hiroshimayaki080719_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

さっぱりと

さっぱりと言っても、さっぱり系のラーメンを食べたわけではありません。

暑かったのと、多少は健康的だろうという免罪符的な思いから、さっぱりとということで、蕎麦を食べに行ったのです。

鈴鹿市の文化会館に程近い“灯”というお店は、多分、あまり知られていないようです。多分、同じビルのテナントのラーメン店“ぐんじ”の方が有名です。

なかなかお洒落な店内での注文はおろし蕎麦でした。

まあ、なかなか綺麗なお蕎麦が出てきました。

細い麺がやや不揃い。まあ、それはよいとして、私には、何やら汁の味が合わない。というか、出汁が薄目な気がしました。

そして、やっぱり量が少ない。多分、こんなものなのでしょうけど、私には量が少ない。

で、1,100円。安くはないなあ。

不味いわけじゃないけど、好みとしては、このお店からほんの近くにある“空”の方が好みかな。

それにしてお、ニ八の十六文で食べられた蕎麦が、こんな値段になってるとは、お釈迦さまでも気がつくめえ。てなことでした。

Akari080712_1Akari080712_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

その複雑な成り立ち・・・

何のことはありません。カレーうどんです。

わが国のカレー自体、いったいどこの料理やねん!といったところがあるわけですが、それが多分、生粋の日本の食べ物であるうどんと一緒になるとこれはいったいどこのものや!というわけで、その成り立ちは極めて複雑なわけです。

まあ、それが、さらにどこの食い物や!と叫びたくなるラーメンと一緒になった、カレー中華などという訳の分からんものもあるわけですけど、個人的にカレー中華とかカレーラーメンは許せない(といってもカップ麺のカレーヌードルはOKという節操のなさではありますが)ので、今回はカレーうどんのお話です。

何故か有名な菰野の“福村家”です。

その昔、一度来たことはありました。でも、あまり記憶にありませんでした。ただ、かすかな記憶では、“福村家”のカレーうどんは、和風出汁が入っていて、その上にカレーがかかっているというタイプではなくって、既に出汁と合わされているカレーが麺の上にかかっているというタイプでした。そして、比較的カレーの色が薄いものという印象がありました。

今回、その印象自体は、間違ってはいなかったように思うのですが、記憶に残っていたものより、出汁の味がしっかりしていたような気がします。

ただ、麺自体はやはり軟らかく、個人的な好みからいうと、もう少ししっかりしていてもいいかなという感じでした。

それにしても、カレーうどんと並んでメニューに書かれているのがエビカレーうどんってのも何だかなあ。カレーうどんにエビ天を入れなくってもと思うのは、私だけでしょうか。

Fukumuraya080622_1Fukumuraya080622_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

定食屋さん?

何時もよくというよりは、定期的にというほどでもなく、思い出した頃に行くお店です。

父の代からのお付き合いで、土曜日の夕食などにときどきおうかがいしていました。

四日市の“楽々”です。

基本的には、定食類が中心のお食事処なのでしょう。でも、私が家族で行くときは、単品を色々注文してお酒やビールを飲むというパターンでした。

でも、この日はお昼の定食。和定食、洋定食のうちから、洋定食を選びました。メインディッシュは、ハンバーグのカレーソース煮込み。これに、ご飯と味噌汁、サラダに漬物が付きます。そして、追加注文が卵焼き。一般的な卵焼きとは随分イメージが違います。かなり甘めで、随分軟らかい卵焼きで、実はこのお店の名物というか、人気メニューでもあります。

土曜のこの日、私たち以外の方も、卵焼きを注文している人もいらっしゃいました。

これといって派手なところのないお店ですが、着実にお客さんは入っています。地元に定着したお店というのでしょうか。

この日も満足して家路につきました。

Rakuraku080614_1Rakuraku080614_2Rakuraku080614_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

LEICA Ⅲf | LEICA M3 double strokes | LEICA M3 single stroke | LEICA M6 | LEICA MP | LEICA ELMAR-L 1:3.5/5cm | LEICA ELMAR-L 1:4/9cm | LEICA SUMMARON-L 1:3.5/3.5cm | LEICA ELMARIT-M 1:2.8/28mm | LEICA ELMARIT-M 1:2.8/90mm | LEICA SUMMICRON-M 1:2/35mm ASPH. | LEICA SUMMICRON-M 1:2/50mm | LEICA SUMMILUX-M 1:1.4/50mm | LEICA ELMAR-C 1:4/90mm | Nikon F | Nikon F2 | Nikon F100 | Nikon NIKONOS-Ⅲ | Nikon 35Ti | Nikon D200 | W Nikkor 35mm F2.5 | Nikkor 80mm F4 | Nikkor-P・C 8.5cm F2 (L) | Nikkor-P・C 10.5cm F2.5 (L) | Nikkor-Q 13.5cm F3.5 (L) | Ai Nikkor 20mm F3.5 | Ai Nikkor 28mm F2.8 | Ai Nikkor 35mm F2 | Ai Nikkor 50mm F1.4 | Ai Nikkor 85mm F2 | Ai Nikkor 135mm F2.8 | Ai Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5 | Ai Nikkor ED 180mm F2.8S | Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S | New Nikkor 55mm F1.2 (Ai改) | Nikkor-UD Auto 20mm F3.5 | Nikkor-H Auto 2.8cm F3.5 | Nikkor-O Auto 35mm F2 | Nikkor-S Auto 3.5cm F2.8 | Nikkor-S Auto 35mm F2.8 | Nikkor-S Auto 5cm F2 | Nikkor-S Auto 50mm F1.4 | Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 | Nikkor-P Auto105mm F2.5 | Nikkor-H・C Auto 28mm F3.5 | Nikkor-S・C Auto 55mm F1.2 (Ai改) | Nikkor-T 10.5cm F4 | AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G | Ai AF Zoom-Nikkor 28-200mm F3.5-5.6D | Nikon PK-13 | Panasonic DMC-GF1 | Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | RICOH GXR | RICOH GR LENS A12 28mm F2.5 | RICOH GR DIGITAL Ⅱ | Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical Ⅱ | Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Hasselblad 500C/M | Carl Zeiss Distagon C50mmT* F4 | Carl Zeiss Planer C80mmT* F2.8 | ND4 | ぱくぱく | ぶらぶら | ぼそぼそ | グルメ・クッキング | ニコン | ライカ | ラーメン | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味