2010年11月 3日 (水)

シリーズ メタのもと

メタボのもと、要は食い物。家人は、外食はメタボのもとと言う。確かにそんな面もあるかもしれないけど・・・

さて、先月後半は外食の機会が多かったのです。またメタボになったと言われています。

最初は、讃岐製麺のおうどん。チェーン店だけあって可もなく不可もなくといったところでしょうか。個人的には丸亀製麺の方が好みでしょうか。

Sanukiseimen101016_1

次は名古屋市内でのランチ。中川区にある彩華という台湾料理のお店。ランチセットで台湾ラーメンとマーボー飯のセットです。このお店、思いのほか美味かったです。何故、名古屋は台湾料理のお店が多いのでしょうかねえ?それと、中華系のお店はセットがお得ですねえ。

Saika101022_1 Saika101022_2

そして、名古屋の国際会議場近くの北京楼という中華料理店のパイコー麺と水餃子。水餃子は思いのほかあっさりしていました。パイコー麺はのっかっている肉についている衣が、肉の厚さに比べて、やや厚いかなという感じ。それと、カレー風味じゃない方がよかったかな。

Pekinrou101024_1 Pekinrou101024_2

以前に行ったことがあって、美味いと思い、また食べたいと思っていて、ようやくありついたのに?が付いたのが名古屋駅西口の地下にある想吃坦坦面の汁なし坦坦麺。坦坦麺は麺の字を書くけど、お店の名前は面の字。何故に?それはともかく、この日は体調が悪かったためか、それとも一緒に注文した四川風胡麻ダレ水餃子(←メニューの名前は怪しい)と汁なし坦坦麺の味がかぶっていたためか、一向に美味しく感じなかった。さて如何に。

Tantanmen101025_1 Tantanmen101025_2

代表的な名古屋名めしのひとつが味噌カツ。そして、味噌カツの代表的なお店が矢場とん。この日のお昼は矢場とんの“わらじカツ”定食。大きなカツに味噌ダレとソースと半々にかけてもらいました。でも、このカツ、わらじのように大きいとはいうものの、それほど油っこいわけではなく、とっても食べやすいように思います。実際、このカツを食べた翌朝の計量では、目方は増えていませんでした。

Yabaton101027_2_2 Yabaton101027_1_2  

最後は、名古屋覚王山の英国屋のカレー。あまり辛くない。もう少し辛くてもいいような。日本人好みに本場の味をアレンジしているのか。サブオーダーはサモサ。こちらも香料は効いているけど、辛味は少ない。でも家人には好評。食べ始めてから気が付いて写真を撮ったのでカレーには何のコゲが黒く写ってます。どうもすいません。

Eikokuya101031_2 Eikokuya101031_1 Eikokuya101031_3

ああ、メタボ一直線・・・か?

でも、これらを食べた期間に体重が増えたわけじゃないんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

携帯電話に写りしものども

要は食いものです。ハイ。

まずは名古屋駅新幹線ホームのきしめん。名物です。名物ですが、汁が醤油辛く感じました。こういうものなのかもしれません。最近、やや甘さを感じる讃岐うどんのつゆに舌が慣れているからこう感じるのかもしれません。現時点ではさぬきうどんの方が好き。

次は朝日町のイーグルの塩らっしょうラーメン。好きなんですが家族にはここのラーメンは評判がよろしくないようです。油っこいとうのですが、おそらくはもやしを炒めた油がういているだけで、それほどではないと思うのです。太麺がいいのです。

その次は四日市市内の讃岐製麺のかけうどんとアナゴの天麩羅。アナゴは好きなのだけれど、うどんとの組み合わせからすると、エビの方が一枚上手のような気がします。讃岐製麺は、この地域では丸亀製麺より遅れて展開していますが、天ぷらの質が丸亀製麺の方がいいように思います。

そして上京した際の、野郎ラーメン神田本店の豚野郎ラーメン。以前、京都一乗寺の“ラーメン荘夢を語れ”だかいうお店で二郎の流れをくむというラーメンを食べたことがありますが、ここもそういった類のラーメンです。スープを麺に絡めてすするという類ではありません。ラーメンというより、こういった食べ物という感じがしないでもありません。ただ、京都のお店のものよりは口に合った気がします。残念なのは、午後に仕事を控えての昼食だったため、ニンニクを抜いたこと。いずれにしても、チャーシュー麺相当のメニュー名が豚野郎ラーメンとはいかがなものかと思うしだいです。

最後は、春日井市民病院前の圓屋。ちゃんぽん、皿うどんがメインのお店です。注文したのはノーマルな長崎ちゃんぽん。これはこれでいいのだろうけど、出汁の味が一般的なちゃんぽんに比べるとカツオ出汁が強く、少々違和感があるものでした。そしてサブで注文したのが特性チャーハン(小盛)。これがなかなかのもの。味はともかく肉のせと称しているだけあって、チャーハンの上に焼肉様のものが乗せられています。味はその味が強くてベースのチャーハンの味はよくわからなかったのですが、不味くはありませんでした。いずれにしても、チャーハンと言うよりはスタミナ飯といった感じでした。

Kishimen101007_1 Eagle101008_1 Sanuki101009_1 Yaro101013_1 Enya1010114_1 Enya101014_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

どちらがよろしいか?

まだまだ暑い。そんあとき、冷たい麺類をさっと食べるか、暑い中でこそ熱いラーメンをすするか。今週、お昼に蕎麦とラーメンを食べてみました。双方、熱い日でした。で、結論は?出ません。それぞれ美味いので・・・

伊賀上野の松尾と、四日市のなみへい。それぞれいいんじゃないでしょうか?

Matsuo100824_1_2 Namihei100825_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

たこ梅 この日の御品書き

御品書きというか、この日食べたものなわけです。

飲み物は、ビールはセブンシーズで飲んでいたので、いきなり日本酒。燗酒です。金属のぐい呑みがなかなかよろしかったです。

そして、ひろうす、たまご、ロールキャベツ。よろしいなあ。追加が名物のタコの甘露煮、コロ、そして厚揚げ。たまりまへん。

その間、お酒の追加。

いい気分でお店を後にしましたとさ。

Osaka100611_5 Osaka100611_6 Osaka100611_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

久しぶりに食べ物なぞ

まあ、久しぶりに食べ物なぞです。ここ3ヶ月ほどのたまったものです。本当はもっとあるのですが・・・

さて、まず最初は鈴鹿の宮屋のえびおろしうどん。これで750円程度。しかも大盛でも値段変わらず。結構、お得です。でも、お昼は混んでます。

Miya100403_1

次は、名古屋の新宿にある讃岐製麺。まあ、よくあるチェーン店の讃岐うどんですが、嫌いじゃありません。竹輪とアナゴの天麩羅をトッピングしましたが、やはりコロッケが欲しいと思うのです。賛否両論あるコロッケですが。

Sanuki100502_1_2 

そして、伊勢はまめやの伊勢うどん。天麩羅をのせたものです。天麩羅はなくてもよかったかな。これをうどんというかどうかは意見が分かれるのかもしれないけれど、“伊勢うどん”という食べ物と理解したいところです。このお店より、もう少し甘みの強いタレの方が好みです。

Mameya100503_1

さて、北海道ラーメンのチェーン店らしい伝丸の赤味噌ラーメン。まあ、こんなものなのでしょうけど、何故かこのお店は子どもに人気。不思議。チャーハンはたいして美味くない。

Dennmaru100509_1

次は、出張で上京したときの日本橋丸善のカフェでのハヤシライス。ハンバーグを添えてみた。ハヤシライスの元祖だとかなんだとかだけれど、驚くほど美味いとも思えない。悪くはないけど。

Maruzen100506_1

続いて、上京したときに虎ノ門で食べた三元豚のカツカレー。まあ、こんあんものか。カツがもっと美味いことを期待してたのだが、標準以上かもしれないが、極上とは言えないかな。

Curry100517_1

そして再び鈴鹿で漠のネギラーメン。今はなき上野の“一(いち)”が懐かしい。写真は載せてないけど、チャーハンが意外に美味かった。

Hiroshi100605_1

最後が、わが家のカレー。レバーが入っている。豆が入っている。インドカレーのお店では豆のカレーもあるので、不自然ではないのだろう。夕食に食べたときより、翌朝、温めなおして食べたときの方が味が馴染んでいて美味かったように思う。よくある話だが。

Curry100530_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

ブン・ボー・フエ

週末、土曜日の昼食。ブン・ボー・フエのセット。10何年か前に比べると、気軽にベトナム料理を食べられるお店が増えています。

Bun_bo_hue100206_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

琵琶湖博物館はえらい!?

琵琶湖博物館はえらいのではないかと思う。だって、レストランのメニューで、あの奇食の誉れが高いバスバーガーがレギュラーメニューになっているばかりではなく、新たにバス天丼がメニューに加わったりしてるのですから。

でも、昨日、初めてバスバーガーを食べたのですが、バスバーガーが奇食というのは如何なものかという気がしました。

何故なら、食べてみた印象が、予想はしていたことですが、普通に美味しい白身魚という感じだったからです。むしろ、某チェーン店の某フィッシュより美味いのではという気さえ。その他の原材料の魚の顔が見えないものに比べれば、よほど分かりやすい。

確かに珍しくはあるのですが、これって奇食?

Bass_burger090831_1 Bass_burger090831_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

ところかわれば・・・八幡のチャンポン

大阪を中心とした関西で、“串かつ”といえば牛肉であり、豚の串揚げを食べたければ“豚カツ”と注文する必要があるのに対し、他の地域では“串かつ”といえば豚肉であることが多いのは、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。

さて、ところは北九州は八幡駅前。丁度昼時で、“博多のチャンポン”なるお店に入りました。

このお店のチャンポンは、いわゆる長崎チャンポンとは似て非なるものという気がするのはこの際置いておいて、メインのメニューは店名と同じ“八幡のチャンポン”なるものでした。これは“カツのせ”のチャンポンです。そしてメニューにはこれとは別に“トンカツのせ”のチャンポンがありました。

どう違うのか?聞いてみると“カツ”はチキンカツであり、“トンカツ”は豚のカツとのこと。何と、ここでは豚ではなく鶏がメインなのです。そういえば、福岡は養鶏が非常に盛んな土地であると聞いたことがあります。卵を使った鶏卵そうめんなるお菓子や、ひよこのお菓子もあります。

土地柄ですねえ。

さて、写真は“カツの多いチャンポン”(普通のカツのせの“八幡のチャンポン”のカツを増量したもの)ですが、お味の方はというと、長崎チャンポンとは異なり、カツも含めてしっかりした味付けで、結構、好きかもという感じでした。

なお、のっかっているカツは、カツとはいうもののから揚げのような形状の鶏肉にパン粉をつけて揚げたという感じのものでした。

Yahata090821_1 Yahata090821_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

琉球の風に触れ

大阪環状線の大正駅。駅を降りると、どこからともなく三線の音が流れてきました。

このあたりは、大阪市内にありながら沖縄にルーツを持つ人が非常にたくさん住んでいるとか。ガード下には沖縄料理店と物産店が。

思わずオリオンの生と沖縄そばを注文。

これって、初めて個人で沖縄に行ったときに、牧志市場の二階で注文したのと同じ組み合わせ。タコライスも魅力的ではあったのだけれど、金武のパーラー千里のタコライスを経験してるので、味はともかく量的に不満が出そうなので今回はパス。

そばの麺が思ったより細目かなという気もしなくもなかったけど、まあ、堪能。

大阪で琉球の風に触れたひと時でした。

Osaka090815_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

つかの間

大阪梅田のJRと阪急駅の間くらいにあるのでしょうか。新阪急食堂街はそんなところにあります。食堂街とはいっても、狭い範囲に立ち飲み屋が密集しているようなところです。

家路を急いだり、電車を乗り継いだりするサラリーマンが、短時間でちょいと一杯。そんなのが似合いそうなところです。そしてお値段はリーズナブル。

この日は、何故か立ち飲みのオーストラリアンバブと串かつのお店。

つかの間の滞在でした。

Osaka090612_1 Osaka090612_3 Osaka090612_2 Osaka090612_4 Osaka090612_5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

LEICA Ⅲf | LEICA M3 double strokes | LEICA M3 single stroke | LEICA M6 | LEICA MP | LEICA ELMAR-L 1:3.5/5cm | LEICA ELMAR-L 1:4/9cm | LEICA SUMMARON-L 1:3.5/3.5cm | LEICA ELMARIT-M 1:2.8/28mm | LEICA ELMARIT-M 1:2.8/90mm | LEICA SUMMICRON-M 1:2/35mm ASPH. | LEICA SUMMICRON-M 1:2/50mm | LEICA SUMMILUX-M 1:1.4/50mm | LEICA ELMAR-C 1:4/90mm | Nikon F | Nikon F2 | Nikon F100 | Nikon NIKONOS-Ⅲ | Nikon 35Ti | Nikon D200 | W Nikkor 35mm F2.5 | Nikkor 80mm F4 | Nikkor-P・C 8.5cm F2 (L) | Nikkor-P・C 10.5cm F2.5 (L) | Nikkor-Q 13.5cm F3.5 (L) | Ai Nikkor 20mm F3.5 | Ai Nikkor 28mm F2.8 | Ai Nikkor 35mm F2 | Ai Nikkor 50mm F1.4 | Ai Nikkor 85mm F2 | Ai Nikkor 135mm F2.8 | Ai Zoom-Nikkor 35-70mm F3.5 | Ai Nikkor ED 180mm F2.8S | Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S | New Nikkor 55mm F1.2 (Ai改) | Nikkor-UD Auto 20mm F3.5 | Nikkor-H Auto 2.8cm F3.5 | Nikkor-O Auto 35mm F2 | Nikkor-S Auto 3.5cm F2.8 | Nikkor-S Auto 35mm F2.8 | Nikkor-S Auto 5cm F2 | Nikkor-S Auto 50mm F1.4 | Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 | Nikkor-P Auto105mm F2.5 | Nikkor-H・C Auto 28mm F3.5 | Nikkor-S・C Auto 55mm F1.2 (Ai改) | Nikkor-T 10.5cm F4 | AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G | Ai AF Zoom-Nikkor 28-200mm F3.5-5.6D | Nikon PK-13 | Panasonic DMC-GF1 | Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. | RICOH GXR | RICOH GR LENS A12 28mm F2.5 | RICOH GR DIGITAL Ⅱ | Voigtlander SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical Ⅱ | Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 | Hasselblad 500C/M | Carl Zeiss Distagon C50mmT* F4 | Carl Zeiss Planer C80mmT* F2.8 | ND4 | ぱくぱく | ぶらぶら | ぼそぼそ | グルメ・クッキング | ニコン | ライカ | ラーメン | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 趣味