« 季節はずれ | トップページ | 真相は如何に? »

2011年11月 7日 (月)

誰が何と言おうと健闘なのであります

昨日は伊勢路を舞台に“全日本大学駅伝”が開催されました。そう、“全日本”なのです。どこぞの“関東ローカル”の大会とは違う“全日本”なのです。

この大会、以前、随分以前には1月15日の成人の日に開催されていたと記憶しています。それが“関東ローカル大会”との絡みか何かで今の時期に開催されるようになって、もう随分経ちます。何か納得がいかない部分があります。“全日本”が“関東ローカル”に押し出されたようで・・・

それはともかく、駅伝の結果は三強というべき大学が一位から三位を占めました。全て関東勢。

Ekidenn111106_1

トップの駒沢大学。

Ekidenn111106_2

二番目の東洋大学。ランナーがよく見えませんがそのはずです(笑)

Ekidenn111106_3

そして三番手は私の家族が応援している早稲田大学。どういうわけか、この場所で早稲田のランナーの周りには中継車も何もいませんでした。

でもまあ、特に駅伝に関心のあるわけではない私にとっては、実はトップの方がどこでもどうでもいいわけで、大問題は、わが母校が何年ぶりかに出場したこと。結果がどうであろうと、誰が何と言おうと、健闘だったのであります。

お疲れ様でした。

Ekidenn111106_4

|

« 季節はずれ | トップページ | 真相は如何に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が何と言おうと健闘なのであります:

« 季節はずれ | トップページ | 真相は如何に? »