« 大須にて | トップページ | 大須にて その3 自転車が走る »

2010年10月31日 (日)

大須にて その2 文殊小路

そうか、この路地は文殊小路と言ったのか。何度も通っているのに、初めて知った。

この路地には、いくつもの小さなショップが店を開いている。大須にこんなところは多い。不動産のオーナーがいなくなった、代替わりした。そんなときに新たに住む/使う地元の人がいなかった。改装して家賃が高くなればなおさら。もっとも改装して住む/使う人を探すほどのものではなかったのかもしれない。そこで住み着いたのが余所者。

古い町にはよくある話しだけど、ここもそんなのだろうか。

無責任なことを言わせてもらえば、古い町に若者が住み着き、こじゃれたショップを開いている雰囲気は嫌いではない。

それにしても文殊小路。前にも頭上に下着が干されている光景に出会った気がする。そして、何故に“文殊”小路?謎は解けなかった。

Osu101024_9

|

« 大須にて | トップページ | 大須にて その3 自転車が走る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大須にて その2 文殊小路:

« 大須にて | トップページ | 大須にて その3 自転車が走る »