« 久しぶりにF100 | トップページ | 高倍率ズーム その2 »

2009年9月 6日 (日)

高倍率ズーム

中学生の頃、一眼レフカメラを初めて買って、最初のレンズは50ミリF1.4の短焦点の、いわゆる標準レンズでした。

その後も短焦点レンズの手ごろなのを中心に、何本かのレンズを買い足したのですが、憧れたのは80ミリ-200ミリとかいった望遠系のズームレンズでした。でもそれは高価で、おいそれと手を出せるものではありませんでした。

それから20数年。写真、カメラから離れた生活をしていた私が、思い立ってニコンのF100と一緒に買ったのは28ミリ-200ミリのズームレンズでした。自分にとって、初めて自分のものになるズームレンズ。しかもはじめての所有するオートフォーカスレンズでした。

この今では製造されていない高倍率ズームレンズ、一般には、あまり評判がよろしくないような感じですが、これがとても便利なものでした。

背景のボケもそれなりに楽しめるし・・・

でも、最短撮影距離が長いことは、購入当時は気にならなかったんですが、今となってみれば何とかならないかなあ、なんて思ったりします。

Omihachiman090831_5

|

« 久しぶりにF100 | トップページ | 高倍率ズーム その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高倍率ズーム:

« 久しぶりにF100 | トップページ | 高倍率ズーム その2 »