« ああ、クマゼミ! | トップページ | ガラス窓の郷愁 »

2009年8月10日 (月)

寺内町 消え行くもの、残るもの

もう30年も前に通っていた母校が、その町にあったこともあり、県庁所在地にあるその寺内町には、ときどき足を運びます。

この30年の間に変わったものもあり、変わらないものもあります。変わらないものの一つが、この理容店。

そんな一身田の町に、標準レンズを着けたフィルムカメラを持ち出しました。

後になって見ていると、今回、レンズを向けた対象は、ほとんど去年と同じ。でも、少しずつでも出来上がってくる写真は違います。

件の理容室の前にも、去年はなかった花が花を咲かせていたりします。

そして、一枚一枚自分でピントを合わせ、露出を合わせて撮る。そんな作業に自己満足を感じている自分がそこにいました。

Isshinden090809_1 Isshinden090809_2

|

« ああ、クマゼミ! | トップページ | ガラス窓の郷愁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺内町 消え行くもの、残るもの:

« ああ、クマゼミ! | トップページ | ガラス窓の郷愁 »