« 百合の艶めかしさ | トップページ | 空堀界隈再び その2 榎木大明神 »

2009年8月17日 (月)

空堀界隈再び その1 町家活用

大阪の地下鉄、長堀鶴見緑地線を松屋町で降り、地上にあがると、そこは空堀と称される界隈の北西の隅辺り。

地上に上がり、長堀通りを東に進みつつ、ふと目を南に向けると、通りの向こうには戦災を免れたと思しき町家が。

町家といっても、このあたりの町家の利活用は先進的。この地とは全く関係のない店舗が入居していたりします。目の前の町家も、確か“ネイティブアメリカングッズ”てなことがうたわれています。

でも、それも何かいいなあと思うのです。何か。深く考えていいというより、ただ何となく。本当の木や土といった素材を使った古い町家の魅力を感じることが出来る。そう思うだけでも、何かいいなあと思えるのです。

Karahori090815_1

|

« 百合の艶めかしさ | トップページ | 空堀界隈再び その2 榎木大明神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空堀界隈再び その1 町家活用:

« 百合の艶めかしさ | トップページ | 空堀界隈再び その2 榎木大明神 »