« シャッター 生きてます | トップページ | 記憶に残る銘車? »

2009年7月20日 (月)

すぐ海水浴場

四日市の追分で東海道と別れた伊勢街道は、鈴鹿に入ると、やや内陸に方向をとり神戸の城下にいたり、再度、海沿いに向かい白子に至ります。

ということは、現在の鈴鹿の海岸部の北部、若松、千代崎あたりは、街道筋からは外れていたということです。

そんな千代崎の海水浴場近く、旧道沿いにある標識です。

「すぐ海水浴場」

何のひねりもない標識です。多分、それほど古いものでもありません。今の「〇〇スグソコ」といった看板とも実質は変わらないのだろうと思います。

でも、それが石の標識であることだけで、何やら歴史があって、ちょっとユーモラスな感じさえ感じてしまいました。

Chiyozaki090712_1

|

« シャッター 生きてます | トップページ | 記憶に残る銘車? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すぐ海水浴場:

« シャッター 生きてます | トップページ | 記憶に残る銘車? »